【活動報告】クラウドファンディング資金使途のご報告

クラウドファンディング「紛争で故郷を追われた南スーダン難民によるサッカーチーム設立!」を通じて皆さまからいただいたご寄付「584,000円」の使途について、下記の通りご報告いたします。

 

 

▼南スーダン難民によるサッカーチーム設立のサポートに使用した金額…149,995円

・ユニフォーム×29着(選手24着+レフェリー3着+ゴールキーパー2着)…30,790円

・¹サッカーシューズ×31足…55,165円

・キーパーグローブ×2個…1,924円

・ホイッスル×4個…241円

・ストップウォッチ×1個…1,123円

・サッカーボール×12個…17,031円

・²応急処置用キット×3個…8,483円

・サッカーソックス×48足…7,251円

・コーン×6個…906円

・³トロフィー×1個…1,604円

・トロフィー(大)×1個…2,887円

・⁴グルコース×48パック…616円

・⁵ウガンダコミュニティプレイヤーの交通費…2,951円

・選手用の水×2ダース+2本…1,668円

・⁶選手へのソーダとクッキー…2,405円

・洗濯用バケツ×2個…604円

・洗濯用洗剤×4個+石鹸×6個…991円

・⁷難民スタッフへの日給×3人…962円

・⁸今後の運営費…11,109円

 

¹:当初、選手22名+審判3名で25足でしたが、不良品の交換などによって6足を追加で購入しました。

²:2つは南スーダン難民へ、1つはウガンダコミュニティへ供与。

³:試合の優勝チーム用

⁴:トレーニング後に飲用する栄養剤

⁵:地元に暮らすウガンダ人サッカー選手たちが難民居住区まで移動するのにかかった交通費。

⁶:試合後にソーダとクッキーで懇親。

⁷:物資供与当日の運営をサポートしてくれた難民スタッフへの日給

⁸:必要物資の購入後に金額が余ったため、本プロジェクトの立案者である難民スタッフのジェームズを通して、今後の運営費(遠征時の交通費・サッカー用品の再購入など)として供与。

 

▼プロジェクト実施のためにかかったコンフロントワールドのスタッフ滞在費+移動費…15万円

当初、1名あたり21,000円(一日1500円×14日間)、スタッフ5名で105,000円を滞在費に、また45,000円を移動費に充てさせていただく予定でしたが、都合により1名が渡航できなくなったため、84,000円をスタッフ滞在費に、50,000円を移動費に充てさせていただき、残った16,000円は来年以降の現地渡航費など、今後の活動費へ充てさせていただくこととしました。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

なお、現在もスタッフが現地にて滞在中であり、渡航終了日は9月16日を予定しております。滞在費・移動費の最大限度は、上記の通り134,000円とさせていただきます。金額に余りが生じた場合、今後の活動費へと充てさせていただきます。

 

また、原の滞在費に関しては、インターン先の別NGOから出資されているため、21,000円全額を渡航費(航空券代)へと充てさせていただきました。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

▼クラウドファンディング実施にかかった手数料(消費税込み)…107,222円

 

▼これからのコンフロントワールドの活動資金…176,783円

本プロジェクトにかかった費用299,995円、クラウドファンディング実施にかかった手数料(消費税)を差し引き、残った金額「176,783円」は来年以降の渡航費など、これからの活動費へと充てさせていただきます。

 

 

【リターンの発送について】

3000円のリターンは10月中、5000円以上のリターンは11月中の発送を予定しております。スタッフ一同、一つ一つに感謝を込めながら準備・発送いたします。ご期待ください!

 

 

2017年9月10日

コンフロントワールド

今回ウガンダへ渡航したコンフロントワールドのスタッフ@南スーダン難民居住区(Photo by Confrontworld)