【活動報告】南スーダン難民とコミュニティの方々によるサッカーチームが誕生しました!皆さまからのご支援心より感謝申し上げます

今月5日、クラウドファンディング「紛争で故郷を追われた南スーダン難民によるサッカーチーム設立!」を通じて皆さまからお寄せいただいた資金を活用し、ウガンダ北部にあるパギリニヤ難民居住区において、サッカーチーム設立に必要な物資の供与を行いました。

 

ユニフォームを着た選手たちとスタッフ(Photo by Confrontworld)

 

今回は、日本・南スーダンの国旗を盛り込んだチームユニフォームの他、サッカーボール、シューズ、応急処置用キットなどを、南スーダン難民、並びにウガンダ側のコミュニティチームに供与し、2チームが設立されました。当日は、設立されたチーム同士での試合、また難民チームVSコミュニティチームのピースビルディングマッチ(良好な関係を築くことを目的とした親善試合)を行い、老若男女問わず、居住区に暮らすたくさんの人々が試合を観戦し、笑顔が溢れていました。

 

今回、物資を受け取った選手の方は、「これまでは誰の支援も受けることができませんでした。サッカーチーム設立への支援をして下さった皆さまに感謝しています。そのおかげで、難民居住区でもスポーツが出来る。日本の皆さまに感謝しています。」と私たちのインタビューに答えており、厳しい生活環境に置かれながらも、希望を語ってくれた彼らの姿がとても印象的でした。

 

また、今回のプロジェクトの発起人であった難民スタッフのジェームズさんは、「パギリニヤ難民居住区の若者たちだけではなく、私も、日本の皆さまからの支援を心から嬉しく思います。そのおかげで、たくさんの選手、そして子どもが走っています。皆さまは私たちに敬意と、そして希望を送ってくれました。今後も南スーダンのために、日本の皆さまとともに活動をしていきたい。我々の夢は自分の国に帰ることです。本当にありがとうございました。」と、皆さまへの感謝の意を表していました。

 

 

クラウドファンディング開始から3か月余り、たくさんの方々に活動に対するご理解・ご支援をいただきましたこと、スタッフ一同心より感謝申し上げます。紛争や災害によって傷ついた人々が、明日への希望を抱き、自分たちの力で生活再建に取り組む姿は、国際協力活動に携わる私たちにとって勇気づけられることだと、改めて感じています。

 

「不条理の無い公正な世界の実現=必要最低限の生活と権利が保障され、ひとり一人が尊厳を持ち、自分で未来を決められる社会の実現」を目指し、これからもスタッフ一同、活動に取り組んで参ります。今後とも、コンフロントワールドの活動に対するご理解・ご支援のほど、よろしくお願い致します。

 

支援物資の配給当日・ピースビルディングマッチの様子、また皆さまから頂いた資金の最終的な使途報告などは、今後写真・動画を通じ、ホームページやFacebookページにてお伝えさせていただきます。

 

コンフロントワールド

代表 原貫太/スタッフ一同

代表・原からボールを受け取った現地のホストコミュニティチームの選手(Photo by Confrontworld)

ピースビルディングマッチのようす(Photo by Confrontworld)

試合後にビスケットを食べる選手たち(Photo by Confrontworld)

供与したユニフォームを着た選手たちとスタッフ(Photo by Confrontworld)