【スタッフブログ】局紹介②/国内事業局

コンフロントワールドは、現在事務局・国内事業局・広報ファンドレイジング局の3つの局に分かれて活動しています。前回の広報ファンドレイジング局に続き、今回は国内事業局長田尻より、局の紹介と、活動に対する思いを紹介します。

 

<国内事業局>
当局は国内での事業の企画運営・管理・統括する役割を担っています。問題が生まれないための社会づくりの一環として「国際協力」や「社会貢献」に関心を持ち、行動を起こす人々や組織を増やすために活動をしています。その中でも、今最も力を入れているのが講演会活動です。毎月1~2回の自主講演を開催していますが、これからさらに様々な場面での講演会開催や新しい国内プロジェクトを生み出していきます。...
現地へ渡航に行くことだけが国際協力ではありません。団体の大部分を占めるのが国内での活動です。日本国内において、どれだけ多くの人々に私たちの活動を伝え、巻き込んでいけるか。仲間たちと全力で挑戦していきたいです。

国内事業局長 田尻 野乃佳

--

「国際協力」というと、海外、現地での活動に注目されがちになりますが、現地に目を向けるきっかけは国内から作られると思います。そのきっかけを作るため、国内事業局では多くの人に世界の不条理を伝えていけるか、関心を持ってもらえるかということについて日々考え、活動してまいります。
今月6月17日、24日の講演会も決定いたしました。現在も参加申し込みを受け付けております!会場でより多くの方にお会いできるのを楽しみにしております。